失明の原因にもなる緑内障に要注意|自分の身は自分で守ろう

医者

虫が飛び回って見える病気

目元

飛蚊症は、目の前に小さな虫が絶えず飛び回っているかのように感じられる症状です。この虫のようなものの正体は目の硝子体に浮かんだ繊維のかたまりで、主として老化によって起こる現象です。他の眼病の前ぶれでない限り治療の必要はありませんが、最近ではレーザー治療によって改善することができるようになっています。

More...

目を健康に保つため

2人の医者

緑内障をはじめとする目の病気にならないためにも、大阪の眼科で定期検査を受けてください。そうすれば、目の健康を維持することにつながります。また、病気になりかけの状態を見つけてもらえば、すぐに治療することが可能となります

More...

物が歪んで見える眼病とは

ウーマン

黄斑変性症は、網膜の中心にある黄斑に障害が起きる眼病で、50歳ごろから徐々に進行し60〜70代で発症します。物を見た時に歪んで見える、視野の中心部が暗いなどの症状があり、進行すると視力低下や失明に繋がります。大阪の眼科クリニックではレーザーなどで治療を行い進行を抑えています。

More...

原因と治療方法

ドクター

たまった房水による圧迫

目の中には、房水という栄養分を届けるための液体が流れています。栄養分を届けた後の房水は、通常は排出されていくのですが、これが排出されなくなることが、緑内障の原因となっています。排出されないということは、目の中でたまる一方になるということです。すると、たまった房水によって目は、内部から圧迫されることになります。その圧迫によって視神経がダメージを受け、それにより視野が欠けていくという病気が、緑内障なのです。放置しておくと、房水がどんどんたまりますし、視神経のダメージが大きくなることで、視野の欠ける範囲も広くなります。そのため緑内障を発症した場合は、視野が大きく欠けてしまう前に、眼科で治療を受けることが肝心とされています。

点眼薬やレーザーで

緑内障の治療は、多くの場合は点眼薬によっておこなわれます。房水による圧迫を眼圧というのですが、この眼圧を下げる効果のある点眼薬を使用するのです。毎日決まった量の点眼薬を使うことで、眼圧の上昇は予防されます。眼圧が高くならなければ、視神経はダメージを受けませんし、それによって視野が欠けることもなくなります。つまり、緑内障の進行が抑えられるということです。また、点眼薬で眼圧の高まりを抑えることができない場合には、レーザー治療がおこなわれます。房水の流れを良くするために、目の中の光彩あるいはその根元の部分に、レーザーで小さな穴をあけるという治療です。房水がしっかりと流れるようになれば、やはり緑内障は、それ以上進行しなくなるのです。